Twitterで知り合った内地在住の友人が、沖縄に遊びに来ると伺いました。

それならと、私が夕飯をアテンドすることになりました。

コースは「カラクサマンマ」からの「登竜門」です。

それでは、紹介しましょう。

 



まずは「カラクサマンマ」へ

待ち合わせで迷ってしまうと、どうにもならないので、美栄橋駅の改札口で落ち合うことにしました。

無事に友人と合流して、歩いて「カラクサマンマ」へ。

 

友人が、私のブログの中から「ここがいい」と選んで頂きました。ブロガー冥利に尽きますね。

 

「カラクサマンマ」でお酒を楽しみました

予約していたので、カウンター席を用意していただきました。

ドリンクメニューはこちらです。

写真を撮り損ねましたが、友人はビール、私は毎度おなじみの乙ハイボールで乾杯しました。

 

「カラクサマンマ」は、干物とジビエのお店なので、おかわりは日本酒にしました。
「豊香(ほうか)」です。

おちょこがかわいいですね。名前の通り香りがよく、ほんのりとお米の甘みが感じられる、おいしいお酒でした。

話が弾んだので、お酒も進みます。

レモンサワーをおかわりしました。

食事の時は、甘くないお酒が合いますね。

 

「カラクサマンマ」でフードを楽しみました

メニューも少し変わりました。季節に合わせてあるのですね。

 

 

 

サラダほうれん草とえのきのお浸し

 

ほうれん草とえのきのお浸しです。2つに分けてくださいました。こういう心遣いがニクイですね。
さっぱりした味わいがおいしいです。マネできそうでできない味ですね。

 

アジフライ

何度も頂いているアジフライがタルタルソースになりました。美味しさがパワーアップしています。

 

キャベチャーエッグ

耳馴染みのないメニューだったので、スタッフさんに伺ってみたところ、キャベツとチャーシューと目玉焼きとのことでした。何気ないんですが、おつまみにピッタリでした。

 

豚ほほの味噌煮

豚肉がホロホロになるまで煮込んであります。煮汁を絡めながら食べると、さらにおいしいです。

 

干物3種

サバのみりん干し、どんちっちアジ、ししゃもです。焼き加減が絶妙です。友人も喜んでいました。

干物は焼きあがるまで時間がかかるので、早めに注文するのがポイントです。

 

かぼちゃの天ぷら

かぼちゃの天ぷらは大好きなのですが、塩で食べるのは初めてでした。かぼちゃの甘みが引き立ちます。

 

鹿焼売

鹿焼売は1個から注文できます。鹿は豚とも牛とも違う野性味あふれる味です。まいうー。

 

何度かお邪魔しているので、スタッフが私を覚えててくださって、嬉しくなりました。さりげない気遣いで癒されました。

 

「カラクサマンマ」へのアクセス

国際通りから海邦銀行の脇の一銀通りに入って、文房具店の先を右折して右側です。

 

住所:那覇市牧志1-8-3 FAN緑ヶ丘ビル1F

TEL:098-914-3573

営業時間:15:00~23:00(LO.22:30)

 

シメは「登竜門」のラーメン

友人は、お酒はほどほどに飲んで、食事がメインの方でした。すっかり食べすぎだと思いますが、「シメにラーメンが食べたい」とのことでしたので、「カラクサマンマ」から近い「登竜門」へご案内しました。

お酒の後は、さっぱりタイプのラーメンがいいなということで、「昔ながらの醤油ラーメン」をチョイス。

食券を購入して、店員さんに渡してテーブル席に座りましょう。

少しだけ待って運ばれたのがこちらです。

器の下にチラッと写っているのが、海苔です。好きなタイミングでトッピングしましょう。

登竜門のスープは、鶏ガラをベースに野菜などを加えているのだと思います。素朴だけれど、味わい深く、どこか懐かしい味がしました。

 

登竜門へのアクセス

 

美栄橋駅から県庁前方面に川沿いを進み、久茂地橋を渡って左角にあります。

 

住所:沖縄県那覇市久茂地 2-11-16 1F

TEL:098-988-0044

営業時間:

11:30~15:00
19:00~26:00

定休日:日曜日

 

 

せっかく那覇に来られたのであれば、全ての方に「来てよかった」と感じてもらいたいなと思います。

リクエスト頂ければ、ユミがアテンドしますよ。(マジ?)

 

 

 

 

 

 

 

 

ユミ グルメ ,

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です